2005年08月05日

お土産と髪と怖い話

のんきにFUJI ROCKを満喫してきた弟からお土産を貰った。
ここで有名人の皆さんがしている白いバンド。
弟に貰うまで知らなかったが、こういうキャンペーンをしているらしい。
「何これ。タダ?」
「ばっ(バカ)、ちげーよ、買ったんだよ」
我が家の玄関で繰り広げられたまことに下品な姉弟の会話。

心に留めていると、TVなどでしている人を見ることがあるらしい。
ほー。そうか。
どちらかというと「ほっとけない」と言われる側の
財政事情のような気がする私ではあるが、
ここはひとつ乗ってみようかねと思った。せっかく貰ったんだし。
てなわけで、レジを打ち、商品を渡す度に揺れる右手のホワイトバンド。
ぶかぶかだ。

髪が伸び放題だ。忙しくて切りに行く暇が全くない。
染めていないのでプリンのようになることはないが、
ショートなので襟足が見苦しく伸びていて気持ちが悪い。
もともと長さがあると出てくるタイプのクセ毛なので、
あらぬ方向に自己主張をしている毛先の腹立たしさよ。
仕方ないので久し振りにヘアピンを出してきた。
うるさい毛先をピンでチャッチャと留めて、
ようやく首筋の熱帯雨林から解放された。
上げただけで体感温度が2度は下がる。

以前髪が長かったときはいろいろアレンジしていたなと、
ピンを触りながら思い出した。
器用な方ではないので、無造作を装いながら、
実は本当に雑だという仕上がりだったが、
会社に行っていた頃は先輩から「明日は○○にして来て」などと
無茶なリクエストをされたりもしていた。懐かしい。
今はショートなので本当に楽だ。短髪大好き。

夏真っ盛りだよほんとにもう。
YahooのTOPページを見ていたら、稲川淳二のコンテンツがあった。
怖い話かー。
以前住んでいた家には何かが住み着いていたようで、
不思議なことがたくさんあった。
姿は見えないんだけど、声とか足音はしばしば聞いた。
2階の部屋にいる自分以外誰もいない家で、
1階の廊下や階段を歩き、昇る足音。
深夜寝ていると不意に目が覚め、
「あー、誰かいるなあ」と足元に感じる気配。
耳元で鳴らされた鈴の音や仔猫の鳴き声(当時は家に猫はいなかった)。

引っ越す直前に知ったのだけれど、
そこは大きな病院の跡地に作られた住宅地だったそうだ。
どうりで一角に妙な空き地があると思ったんだ。
ぽっかりと空き、唐突な感じで花壇が作られている場所があったのだ。
その上には何も建てられなかったのだろう。
(ちなみに私の家は位置的には外科があった場所らしい)
そういうところに12年住んでいたせいなのか、
何が怖い話なのかよくわからなくなっており、
何を見聞きしても動じなくなってしまって可愛げないことこの上ない。

そんなわけで今日も暑い一日になりそうです。
posted by 6 at 11:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。