2005年10月28日

祈るということ

自分以外の誰かのために祈るときのあの気持ち。
目を閉じて手を合わせる。心の中で呟く言葉。
そうと意識はせずとも、その瞬間は真っ直ぐで単純で無防備だろう。
偽善とか邪な感情が横切って行くかもしれないが、
それは多分再び目を開けてからの話。
閉じて心の中の一点を見つめているときは、強固で絶対だ。
きっと誰もがそうだろう。

もう何年も復帰を待ちわびている人がいる。
あの人の仕事が大好きだった。作品もたくさん持っている。
あるとき大事故に遭われ、それ以来新しい作品は届かなくなった。
時折伝わってくる消息の中にも、残念ながらそういった話はない。
もしかしたら作品はもう届くことはないのかもしれない。
充分わかった上で祈る。思い出すたび、何度でも祈る。
最早作品云々でなく。

窓辺で外を眺めるにーすけの背中に覆いかぶさり、
されるがままなのを良いことに、背中を撫で、喉をくすぐり、肉球を確かめる。
肩の辺りに顔を埋めて深呼吸。干した布団のような匂いだ。
あんなに小さかった子猫が大人になった。きちんと育ってくれた。
柔らかな体。命というものの強さと不思議さ。
にーすけと出逢わなければ知ることすらなかった。
彼の幸せだけを思う。

今はもう会えない人たち。
過去に残し合った傷が大きくて鮮やかだと、
祈る気持ちまでもが強くなるのはなぜだろう。
行き場のない恨み言に窒息しそうになっていたことも確かにあったのに、
思い出す今は色で言えば柔らかなベージュだ。
一生会えなくても幸せでいてほしい。
何があっても生きていてほしい。

言霊というのは確かにあるだろう。
人を謗る言葉は負の力が強く、口にした本人にも跳ね返って来そうだ。
おまけに真っ直ぐに届くわけではなく、
対象を侵食するかのようなじわじわとした効き目のような。

その対極が祈りの言葉だと思う。誰が誰に対して祈ろうと同じ。
もし見えるなら、その口からは透明で強くて綺麗な、
例えるならダイアモンドみたいな物質が、ポロポロと零れているに違いない。

昨夜車に乗りながら、古ーいテープを聴いていた。
タイトルも失念するほど昔に録音したもので、
かかっていたのはUAだった。愛について歌っていた。
信号待ちのとき、暗闇に浮かぶライトやブレーキランプを
ぼんやりと眺めながら思った。

祈るということ。愛情を形にするにはどうすれば良いか。
届けても届けても全然足りないと思えるのは形がないからで、
ならば形を作りましょう。
そうだな、それはきっと透明でキラキラと光っていて何にも負けないくらい硬い。
ダイアモンドに似ている。

まあ、祈るたびに零れるダイアモンドをマグカップに受け止めて、
「これが祈りの結晶ですよ」と差し出したところで、
口から出たものなんているか馬鹿!と言われるのがオチなんですけどね。
posted by 6 at 14:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

7:00am

朝方目が覚めたら、にーすけが窓際で珍しく猫になっていた。

051024_071521.jpg


東向きの部屋だから夏は大変だけど、
今の季節、特に朝方はとても気持ちが良い様子。
本当は割りと厚めの生地なのに、
カーテンがいやにすっけ透けなのが気になるな。
posted by 6 at 15:00| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

センチメンタル

秋はどうして感傷的になりがちなんですかね。
過去を思い出して云々ということがあまりない私ですら、
この季節は心が慌しくなるのを感じる。
また何の因果か、これまでお付き合いしてきた方々とダメになったのが
ことごとくこの季節ときた。特に11月の上旬がまずい。
振った振られた関係なく、いつのときもこの時期だった。

ああ、あの人元気かなあ。全然会ってないけどどうしてるだろう。
ふと思い出したら最後。
「そういえばあのときはあそこでご飯食べたな」
「あのシャツ可愛かったな」
記憶の奥底に寝そべって潰れていたような思い出が、
そんな言葉をきっかけにズルズルと引っ張り出されてしまう。
嫌だ嫌だ過去過去!と頭をぶんぶん振りながら見上げると、
そこにはあのときと同じような秋の空が、
呑気に鱗を引っ付けて広がっていたりするんです。

きっかけは次長課長だった。
あのコンビの男前の方が、昔仲良くしていた人にそっくりなことに気づいた。
顔だけでなく、天然気味のところや人見知りらしいところも似ている。
そうなるともういけない。
しかも最近毎日見る。番組をまたいで2時間くらい続けて出ていたりする。
いくらなんでも出過ぎだろうと思いつつも選んでいるのも自分で、
見ながら知らずに「かっこいー」とか言っちゃってるのが痛すぎる。
だいぶ昔のことなのにこれかよ!と呆れるが、
別に未練が残っているというわけでもないのも事実だ。

切ないけど懐かしい。懐かしくて可愛い。
悩んでいた当時の自分も、終わり間近には腹の立つ存在でしかなかった彼も。
してしまったことに対する後悔や、されたことへの苛立ち、
そんなものまで思い出されるのが余計だが、
なければないで思い出は味気なく、記憶以上のものにはならなかっただろう。
どちらかというと悲しい気持ちが先に立つ関係だったが、
それでも会えてよかったと思えるほどに気持ちは熟成された。

今どうしてるのかなあ。私よりも7歳ほど年下だった彼。
あの頃よりはちょっとは大人になっただろうか。
ニックネームで呼ばれることが多かった私を
下の名前に「さん」付けで呼んでくれた初めての人だった。
posted by 6 at 11:36| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

壊れた

金曜の夜、PCから「○○をインストールしてから電源を切る」と宣言された。
されたからには嫌だとも言えず、そうですかと思いつつ電源を落とした。
一旦席を離れ、再び戻ってスイッチを入れたらなんですか。
ネットもメールも繋がりやしない。画面が真っ白。
何か変なことしたかなと、もう一度電源を落として入れ直す。
またも真っ白。ウィーンとすら言わず、すっかり無口になってるPC。
変なことも何も、何回か左クリックしただけなので、
無口の原因は電源を切る前に行ったインストールとしか思えない。

「あのさー、パソコンが壊れちゃってさー、ネットに繋がらないんだけど」
遊んでいる最中に電話でいきなりそんなことを言われても、
弟としてもさぞ困ったことだろう。
弟「なんで?何かしたの?」
私「何かインストールするって出ててー、
  終わったあとに電源入れ直したらダメだった」
弟「インストールって何したの?」
私「それがわかりません」
弟「わかんないんだったら俺にもわかんねえなあ」
私「わかんないのにインストールしたからかね」
弟「してから言うなよ」
プロバイダーに電話して聞いてみーと、呑気な答えを頂いて電話を終えた。

前の会社で私はPC相手にある設計の仕事をしていた。
専門職ではなかったので事務仕事もしていたが、
終日PCに向かいっぱなしのこともよくあった。
コンピュータのことを専門的に勉強したわけでも、
設計の専門学校に通っていたわけでもない。
入社して配属された先で叩き込まれた。
呪わしいほど嫌いだった数学から離れ、
国語だけを勉強して生きてきたというのに、
社会人になってまで、まさか「サイン・コサイン・タンジェント」等という
恐ろしい言葉を職場で耳にすることになろうとは夢にも思わなかった。
冗談でなく泣きそうになった。周りは全て理系の賢い人ばかりだった。

「私は!事務職だと思って!入社したのに!」
と上司相手に何度も言ったが、まあ言ったところで通るはずもなかった。
親切な先輩方にみっちり教えていただいたおかげで、
会社を辞める頃には「もったいない」と言ってくれる人がいるくらいにはなった。
特にキーボードを叩くのが速かったらしく、
私が図面片手に打ち込んでいるのを横で見ていた人が、
「速ぇ〜」となぜか大笑いしていたのを覚えている。

しかしPCをわかっているわけではなかった。
打ち込めば図面は出るが、その仕組みはいつまで経ってもわからなかった。
元々興味があるわけではないので新しいことを覚えるのも面倒だった。
手元に仕事を残さないことを心に決めていたので仕事は速かったが、
早く帰りたい一心でスピードが加速していただけのことだった。

どちらかというと図面のコピーの方が好きで得意だった。
A1やA2の大きいサイズで枚数も数十枚と多いので、
たかがコピーといえども人によって性格と差が出る。
失敗すると薄い図面は機械に挟まって破れるし、
用紙で手を切って流血することもある。
あれはあれで結構サバイバルな世界なのだ。

そんな風な日々の鍛錬の結果、
最終的に私は指先で触れた紙の厚みで枚数がわかるまでになった。
自分で言うのもなんだがこれは図面を出すことよりも凄いと思った。
だって第三の眼が指先に宿ったわけですよ。
触って「これは20枚だな」と思うとその通りだったりするわけですよ。すごくない?
そう興奮しながら言ったところで、誰にも感心してもらえなかった。
不思議だ。なぜなんだ。思い出すと未だに謎だ。

そんな過去にまで思いを馳せつつ、プロバイダーに電話した。
懇切丁寧に教えてもらいながら、結局は右クリック一発で直った。
posted by 6 at 12:09| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

雨降り

体調のせいか天気のせいか、何となく気が滅入っている。

昔、今よりももっともっと自己顕示欲が強くて自信過剰だった頃、
そしてその割に気が小さく神経質で、自分の粗を探すのが趣味だった頃。
そんなときばかり無限に広がる心の中で、あることないこと、
ちょっとはあり得るかもしれんがまず現実的ではないことを気に病んでは、
「ああ…」とか言って、穴倉の中で暗い暗い溜息をつくのが好きだった。
いや別に好きではなかったような気もするが、
立ち直って明るい方へ行こうとする気持ちを押しのけるあの負のパワーは、
常にタンク一杯に溜まっていたように思う。
あんなものを溜め込むのはよほどの好きもの以外にない。
思い悩むのが趣味だった。

今現在はあの場所とは対極にいるが、それは多分、
人生の負の時間のほとんどをあの頃に経験したからではなかろうかと思える。
つけられた傷をいつまでも治せなかったあの頃から考えると、
よく言う「寝たら忘れている」状態の今は天国に近い。
おまけに年を重ねるごとに日を追うごとに、忘れるまでの時間は加速している。
自分にとってはシンプルで心地よく、暮らしやすいことこの上ないが、
古来より人はこれを痴呆と呼ぶのではないのかと、今書きながらふと思った。
痴呆まで行かずとも、いつもなんとなくボーッとしているのは事実だが。
頭が軽いのは良いことだ。

だから今のこの状態が久し振りで、何となく新鮮な気すらする。
この暗い気分は一体どこから。

雨が嫌いだというよりも空が暗いのが嫌なのだ。
島などではしょっちゅうスコールみたいな通り雨が降るが、
あれなどは本当に爽快で、歩きながらかぶってしまっても、
笑って済ませられるところが良い。空が明るいから。
ところが今日の埼玉の天気はどうですかこれ。
秋雨前線とかもう、本当にちょっと。

そんな沈鬱な気分の中、延び延びになっていたガンダム最終巻を見終わった。
これまでお亡くなりになったキャラクターで印象深いのはマ・クベだった。
ご多聞に洩れず「壷壷壷壷うるさい男だな!」と思っていたわけだが、
最期も最期、末期のセリフまでそれで締めていたのにはやられた。
さすがマ・クベ…。期待を裏切らない男。ちょっと好きになった。
そしてそれに勝るとも劣らない最期を遂げたのは、
その壷を託された(かどうかはわからねど)キシリアだ。
だって首チョンパですよ。びっくりしたよ。コマ送りで見ちゃったよ。
スパーンッ!ポーンッ!て。
「ええっ!?」とか言いながら巻き戻してしまいました。


早く雨が止みますように。
posted by 6 at 18:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

寝子

猫はよく寝る。
羨ましいことこの上ないが、それが仕事なのだから仕方がない。
よく寝てるなーまったく可愛いったらありゃしないよ困ったね
等と思いながら近づいて行くと、コロリと転がりお腹を出して、
アピールなのか催促なのか、誘惑強制いやむしろ脅迫に近いあのポーズで、
人の眼をじーっと見つめてきたりする。
それに抵抗する勇気があるはずもなく、力なく撫でくり回して匂いをかいで、
名前を呼んだり(しかも裏声で)顎の下を擦ったりと、
なぜかニヤニヤしながら至福を感じたりもするわけです。
そんなこんなで気づくと3時間経過。一緒に昼寝しちゃってたりする。

不思議だ。本当に不思議だ。あのアピールに抗えたことがない。
添い寝しているうちに熟睡する確率は今のところほぼ100%。
猫の体からは睡眠誘導物質か何かが出ている。
抱いたときに感じるあの体温の何と絶妙なことよ。


肉球を触ると眠気3倍
DSC00470.JPG DSC00468.JPG


なぜいつも同じポーズなのか
050921_070726.jpg 050715_082342.jpg 050406_082709.jpg


自ら挟まれに行く男
050312_164443.jpg 051002_043513.jpg


猫はどこまでブサイクになれるか
DSC00392.JPG DSC00161.JPG


寝起きに残された恐ろしい爪跡と、その犯人(丸顔)
051002_040653.jpg DSC00399.JPG


既に肌寒いことも多いこの頃、夜寝ていると「布団に入れて」と
ポンポンと頭を叩かれることが多くなった。
布団を持ち上げるとのそのそと入って来て、私の左肩を枕にコロンと転がり、
やかましいほどゴロゴロと、本当に満足そうにする。
その姿からは、やっぱり昏睡に陥りそうなほどの
怪しい物質が放出されているに違いない。
posted by 6 at 12:44| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

外国のチョコレートはなぜ大きいのか

と、『チャーリーとチョコレート工場』を観ながら思った。
WH共にデカい。何か平べったいし。
味はどうなんだろう。デカくてただただ甘いだけってのもありがちだ。
しかしウォンカさんのは一味違うに決まってる。
だって名前が“めちゃうまチョコ”ときた。
スクリーンに「めちゃうま」と載ったとき、
館内にはさざ波のような笑い声が起きた。「プッ」の連鎖。

急に自由に使える時間が増えたので戸惑った挙句、
何となく映画館に行くようになった。
たまたま観たいと思える映画があったからなんだけど、
普段はビデオやらDVDやらを家で観る人間としては、
家では決して味わえないあの音のスケールのデカさに驚愕だ。
観るというか聴きに行っているような気すらする。

小学生の頃、社会科見学で森永の工場に行ったことがある。
バスから降りた途端に甘い、甘ーい匂い。
チョコレートやクッキーやココア。子供にとっては天上の香りだった。
スライドを見ながら、配られたクッキーを食べ、ココアか何かを飲んだ。
授業中なのにお菓子なんか食べちゃって!と
(まあそれも授業の一環ではあるのだけど)、
何となく背徳的な気分になりながら友達と目配せしつつ食べた。

上映中にチョコレートの香りを流している映画館があるそうだけど、
それをせずとも鼻先にふんわりと香ってくるような。
一瞬で小学生の嗅覚に戻って何度でも味わえるような。
大人が本気で作るおとぎ話は素晴らしい。

チャーリーは健気で可愛らしく、
住んでいる壊れかけた家こそが失敗した砂糖菓子のようで、
降る雪は舐めたらきっと甘いだろうと思わせる。
チャーリーと同じく選ばれた4人の子供らとその親も、
それなりに可愛くて、そして非常に小憎たらしい。
肝心のウォンカさんはどうだろう。
あれはジョニー・デップ以外の誰にもできない役だろう。
だって、映画の中にはウィリー・ウォンカしかいなかった。

とてもとても大切に、繊細な指先で、丁寧に丁寧に作られた映画だった。
古くから皆に愛されている物語。
その世界観を決して壊さず、それぞれが敬意を持って、
自分なりに表現し切った愛情に溢れたおとぎ話。
観ている間中、よくわからないニヤニヤが止まらなかった。

あの船でチョコレートの川下りをしたいなあ。

音楽もよかった!
DSC00478.JPG
posted by 6 at 01:40| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | みる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

四十九日

10月だというのに暑い暑い1日だったが、
2日はにゃにゃこの四十九日だった。
久し振りの日曜休みだったので、
用意をしながらチラ見していたTVの新鮮なことよ。
サンデージャポンっておもしろいなあ。
毎週見たいよ!これからは録画しようかな。

11時までにお寺に行く予定だったので、
割と余裕を持って家を出たにも関わらず、
この快晴のせいか道がすごく混んでいて焦った。
そうだよなあ。日曜日はお休みの日だもんな。
その感覚が失われて久しいことに今更気づく。

11時ちょうどに到着。
住職さんと挨拶した後、本堂に入った。
虫がいるなと思った瞬間に首と二の腕に痒みが。蚊め!

お骨と、いつも飾っている写真の入った写真立てを住職さんに預けた。
葬儀のときと同じようにお骨は仏前に置かれ、写真もその前に立てられた。

読経が響く。
眼を閉じて手を合わせる。
名前を呼ぶ。繰り返し呼びかける。
にゃにゃこ。にゃにゃこ。
私がつけた、何のひねりもない名前。
だけど柔らかくて、最上級に女の子チック。

名前を呼びながら何度も涙が滲んだ。
多分何度か水の中に顔を突っ込んだのだろう。

御焼香をと促され、父から順に立ち上がった。私は最後だった。
香を摘んで手を合わせた。何も考えなかった。
馬鹿みたいに名前を呼び続ける以外には。

全てが済むと、読経を終えた住職さんが言葉をかけてくださった。
「動物みんなそうだけどね、人間を絶対に裏切らないからね。
だから忘れられなくて当たり前だよ。気が済むまで一緒にいたらいいよ。
そうして、時々こうやって拝むのもいいことだよ」
お骨を手元に置いておきたいと言った私への言葉だった。

外へ出てもやっぱり真夏だった。おかしいな。10月なのにな。
住職さんに丁寧にお礼を言い、お寺を後にした。
これが区切りになるだろうか。
どこまで行っても人間の都合でしかないのだけれど。


片付けたあとに撮ったので写っていませんが、
今日はターキー付きのご飯でした。
DSC00463.JPG


時折強烈ににゃにゃこの気配がすることがある。
トコトコと居間に入ってきて、
トコトコと網戸になっている勝手口に向かう、あのいつもの感じ。
全く怖くも不自然でもなく、「ああ、にゃにゃこが来てる」とだけ思う。

夜、日課になっているにーすけとの遊びの最中にもよく来るようだ。
1秒前まで羽の猫じゃらしに夢中になっていたはずなのに、
ピタリと動きを止め、首を伸ばして廊下に目をやるにーすけ。
そうなるとどんなに巧みに猫じゃらしを操っても無駄で、
にーすけは私を置き去りに目線の先へ行ってしまう。
1度や2度ではない。にゃにゃこの部屋にすっ飛んで行くこともある。

にゃにゃこにとって、家が二度と戻りたくない場所でなくてよかった。
よかったなあ。


街中が、少しずつ金木犀の香りに侵食され始めている。
気をつけないといけない。
あれにやられると見事に骨抜きになるのがまず過ぎる。
そんなわけで秋だ。
posted by 6 at 01:42| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

台風一過(12)

帰宅するなり居間のTVの上を片付けた。

にゃにゃこは人間が大好きな構われたがりっ子だった。
最初からお骨は持ち帰ろうと決めていたので、
後はどこにいてもらうかが問題だった。
車の中で相談した結果、出た答えがTVの上。
温かいし、家族皆の目線が常にある。
にーすけもそこには乗ることがないので、その点でも安心だった。

お骨を置き、ご飯を載せた皿をその前に置いた。
花と写真立ても用意しよう。可愛いのを買って来よう。

2階にいるらしく、にーすけの姿はなかった。
そして予想通りというか何というか、ご飯がほとんど減っていなかった。
気が小さく、割と神経質で、ハプニングにとても弱い。
私がいないと余計に食べなくなるのだ。
夜には食べてくれるだろうから心配はしなかったが、
心の中でただただ謝った。

廊下にはまだ一面のダンボール。ところどころによだれの染み。
冷凍庫の中には入りきらないほどの冷凍肉。
ターキー、羊、鶏に牛。レバーもあった。
台所には食べてくれなかった療法食の缶詰が箱のまま置き去りだ。
食器も増えた。用意したものを必ず食べてくれるとは限らない。
洗っている暇すら惜しかったので、同じ皿を何枚も買った。

にゃにゃこだけがいなかった。おかしな話だ。


父がペットの葬儀について電話した知人のMさんは、
いろいろ調べてくださっただけでなく、
お休みの最中だというのに娘さんと2人、車で奔走してくださった。
驚きました。
本当に本当にありがとうございました。

にゃにゃこに牛肉を分けてくださった焼肉屋さんのおかみさん。
父が後日亡くなったことと感謝の気持ちを伝えると、
「可愛がってたのに、あんなに大事にしてたのに」と、
私のことを大変心配してくださったという。
カルビ美味しかったです。
一番いいお肉をにゃにゃこのためにありがとうございました。

暑い中、毎日のように往診してくださった先生。
最後は私のわがままを通してしまい、失礼をすみませんでした。
けれど、受け入れてくださってありがとうございました。
通院が最大のストレスになってしまうにゃにゃこにとっては、
往診してくださることが本当にありがたかったです。
お世話になりました。

治療に関する本を何冊も貸してくれた弟のお嫁ちゃんもありがとう。
にゃにゃこがまだ外にいたときにも可愛がってくれて、
私としてもとても嬉しかったです。

店長、そしてシフトを代わってくれたSさんもありがとうございました。
店長のお母様になぜか私は褒められたそうなのだけれど、
理由もわからないまま、とにかくありがとうございました。

H、猫飼いの先輩としての知識と、にゃにゃこへの絶え間ない応援、
私への気遣い、差し入れや手製のにゃにゃこのオブジェ、
みんなみんなありがとう。

野良猫として現れたくせに、最後にゃにゃこはたくさんの人の心を動かして行った。
みなさん、本当に本当に、本当にありがとうございました。
にゃにゃこは幸せ者です。


あの時、冷たくなった体を撫でながら、私は勝手ににゃにゃこと約束をした。

にゃにゃこ、もうちょっと待っててね。
もうちょっとしたらそっちへ行くからね。
虹の橋っていうところがあるんだって。
そこは楽しくて素敵なところなんだって。
だからそこでお友達を作って、のんびり待っててね。

でももし、もしも待ちきれなくなって、
もうこれ以上辛抱たまらん!ってなったら、
生まれ変わっておいで。
子猫になって生まれ変わっておいで。
お姉ちゃん、にゃにゃこが子猫になってても絶対にわかるから。
一目見たら絶対にわかる自信があるから、
だから安心して戻っておいで。
にーすけがうるさくて嫌になるかもしれないけど、
みんなでまた一緒に暮らそう。
そうしよう。約束だよ。


水面から必死に顔を出しているような日々はまだ続いている。
平気なつもりでいても、うっかり何かに躓くことがある。
その拍子に潜ってしまって窒息しそうになるのは困りものだ。
骨壷が余りに小さいことや、もう触れないという事実も、
本当はまだ全然実感として湧いてこない。
この不在の大きさといったらどうだ。

知らぬ間に終わってしまった夏だったが、一生忘れない。
にゃにゃこ、また会おうね。
約束。
posted by 6 at 02:01| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。