2005年10月05日

外国のチョコレートはなぜ大きいのか

と、『チャーリーとチョコレート工場』を観ながら思った。
WH共にデカい。何か平べったいし。
味はどうなんだろう。デカくてただただ甘いだけってのもありがちだ。
しかしウォンカさんのは一味違うに決まってる。
だって名前が“めちゃうまチョコ”ときた。
スクリーンに「めちゃうま」と載ったとき、
館内にはさざ波のような笑い声が起きた。「プッ」の連鎖。

急に自由に使える時間が増えたので戸惑った挙句、
何となく映画館に行くようになった。
たまたま観たいと思える映画があったからなんだけど、
普段はビデオやらDVDやらを家で観る人間としては、
家では決して味わえないあの音のスケールのデカさに驚愕だ。
観るというか聴きに行っているような気すらする。

小学生の頃、社会科見学で森永の工場に行ったことがある。
バスから降りた途端に甘い、甘ーい匂い。
チョコレートやクッキーやココア。子供にとっては天上の香りだった。
スライドを見ながら、配られたクッキーを食べ、ココアか何かを飲んだ。
授業中なのにお菓子なんか食べちゃって!と
(まあそれも授業の一環ではあるのだけど)、
何となく背徳的な気分になりながら友達と目配せしつつ食べた。

上映中にチョコレートの香りを流している映画館があるそうだけど、
それをせずとも鼻先にふんわりと香ってくるような。
一瞬で小学生の嗅覚に戻って何度でも味わえるような。
大人が本気で作るおとぎ話は素晴らしい。

チャーリーは健気で可愛らしく、
住んでいる壊れかけた家こそが失敗した砂糖菓子のようで、
降る雪は舐めたらきっと甘いだろうと思わせる。
チャーリーと同じく選ばれた4人の子供らとその親も、
それなりに可愛くて、そして非常に小憎たらしい。
肝心のウォンカさんはどうだろう。
あれはジョニー・デップ以外の誰にもできない役だろう。
だって、映画の中にはウィリー・ウォンカしかいなかった。

とてもとても大切に、繊細な指先で、丁寧に丁寧に作られた映画だった。
古くから皆に愛されている物語。
その世界観を決して壊さず、それぞれが敬意を持って、
自分なりに表現し切った愛情に溢れたおとぎ話。
観ている間中、よくわからないニヤニヤが止まらなかった。

あの船でチョコレートの川下りをしたいなあ。

音楽もよかった!
DSC00478.JPG
posted by 6 at 01:40| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | みる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。