2005年10月08日

寝子

猫はよく寝る。
羨ましいことこの上ないが、それが仕事なのだから仕方がない。
よく寝てるなーまったく可愛いったらありゃしないよ困ったね
等と思いながら近づいて行くと、コロリと転がりお腹を出して、
アピールなのか催促なのか、誘惑強制いやむしろ脅迫に近いあのポーズで、
人の眼をじーっと見つめてきたりする。
それに抵抗する勇気があるはずもなく、力なく撫でくり回して匂いをかいで、
名前を呼んだり(しかも裏声で)顎の下を擦ったりと、
なぜかニヤニヤしながら至福を感じたりもするわけです。
そんなこんなで気づくと3時間経過。一緒に昼寝しちゃってたりする。

不思議だ。本当に不思議だ。あのアピールに抗えたことがない。
添い寝しているうちに熟睡する確率は今のところほぼ100%。
猫の体からは睡眠誘導物質か何かが出ている。
抱いたときに感じるあの体温の何と絶妙なことよ。


肉球を触ると眠気3倍
DSC00470.JPG DSC00468.JPG


なぜいつも同じポーズなのか
050921_070726.jpg 050715_082342.jpg 050406_082709.jpg


自ら挟まれに行く男
050312_164443.jpg 051002_043513.jpg


猫はどこまでブサイクになれるか
DSC00392.JPG DSC00161.JPG


寝起きに残された恐ろしい爪跡と、その犯人(丸顔)
051002_040653.jpg DSC00399.JPG


既に肌寒いことも多いこの頃、夜寝ていると「布団に入れて」と
ポンポンと頭を叩かれることが多くなった。
布団を持ち上げるとのそのそと入って来て、私の左肩を枕にコロンと転がり、
やかましいほどゴロゴロと、本当に満足そうにする。
その姿からは、やっぱり昏睡に陥りそうなほどの
怪しい物質が放出されているに違いない。
posted by 6 at 12:44| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。