2006年01月29日

やあやあ

お久しぶり!僕です!
DVC00084.jpg


こんな格好で失礼するよ!
DVC00083.jpg


おっといけない、あくびまで!
DVC00085.jpg


久しぶりでなんだけど、僕、丸いよね。
DVC00082a.jpg


丸すぎて顔が入りきらないんだよ…
DVC00086.jpg



3階建て+屋上付きのダンボールハウスがお気に入り。
客人が来ると1階に逃げ込み、
おもちゃをくわえたままダッシュで2階を駆け抜け、
3階に設置されたクッションで昼寝を決め込む。
気が向いたら毛布の敷かれた屋上に上がり、
人間どもや外の様子を厳しく監視。
なんて忙しい日常!ハードスケジュール!!

猫になりたい。
スピッツの昔の曲にもそんなタイトルがあったなあ。


普段は開かない蓋が、一昨日の夜入浴中に開いてしまった。
裸のまま洗い場で泣いた。
涙も鼻水もダラダラと流れては落ちたが、
風呂場だからいいやと流し放題。

泣くことはカタルシスを感じるための大切な行為で感情だ。
溜め込むばかりで清算する場所がなければ、
人が人として生きて行くこと自体がかなり困難になる。
わかっているのにそれができない。
できなくなってから、もう大分経つ。

どうでもいいことではよく泣く。
直接自分と関係のない物事なら泣ける。

溜め込まれたものの上にはいつしか蓋ができた。
変な蓋で、外から他人に開けられることはない。
感情のうねりから、せり上がって隙間ができることもない。
触っても痛くも痒くもない。
自分で開けようとは思わない。思うなら蓋などできない。
それなのにいきなり開いてしまうことがある。
そうなるともうだめだ。

入浴中はいつも考えごとをしている。癖だ。
風呂から上がったら何を考えていたか思い出せないような、
瑣末でくだらない内容が多い。
記憶をなぞることもある。一昨日はそれだった。

にゃにゃこのことを笑って思い出せる日はいつだろう。
運転中に思い出しても、路肩に停まらずそのまま走れる日は。

泣かないのは限がないことを知っているが故の防御本能か。
少しもすっきりなどしない。
愛情が深まっていく一方なのを確かめるだけで。

それにしても冬の風呂で泣くと寒いので困る。
愛しても愛しても愛し足りない猫という存在にはもっと困る。
困るねー実際。
posted by 6 at 13:08| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。