2005年07月17日

日曜午後の雑談

TOPページがまっさらだ。ここまで何もないと気持ちがいい。
早く直りますように。見てびっくりしたよ。

ユースケ・サンタマリア ナインティナイン 
KABA.ちゃん ベッキー 奥田民生 夜のタモリ


思いつくまま好きな人々を挙げてみた。
KABA.ちゃんやベッキーはともかく、他の人たちは昔から好きだ。

私の中のユースケは暗い。凄く暗い。
何でか知らないが背中を丸めて新聞を読んでいるイメージがある。
「死んだ魚の目をしてる」だなんだといつもタモリにいじられているが、
本当にそのとおりだと思う。あんなにもやる気のない人は珍しい。
珍しすぎてじっくり見ては「ああ今日もやる気がないな」と安心する。
でも好きなんだよな。なんでだろ。

ナイナイは同世代で、なんとなく思い入れがある。
昔は私の中のお笑いと言えばダウンタウンだったのだけど、
いつのまにか同級生に取って代わっていた。
数年前、私生活がしんどかったときにめちゃイケには随分お世話になった。
放っておくと笑えなくなりそうな自分が恐ろしく、
ビデオを何度も繰り返して見ては笑うことを心がけていた。
その癖は今でも変わらない。
見る暇がなくて溜まっていく一方だけど、ビデオは必ず録ってしまう。
めちゃイケがなかったらと思うとほんと怖いよ。

KABA.ちゃんは……私にないものをすべて持っている男。
「キャー!」とか。「やっだー!」とか。

ベッキーは、以前見たNHKの番組(地方に行き、そこの地元の人々と触れ合う)で
心底感心したことがあって、それ以来かなり好きだ。
芸能人芸能人したところが微塵もなく、
本当にサラリと、スーッと土地の人に溶け込んでいた。
押し出しがちな芸能人オーラをうまく操れるように見えた。
あんなに厭味や癖がない若い女の子を久々に見た。

奥田民生は佇まい。あの人は何であんななんでしょうね。不思議でたまらない。
若い頃はそれでもまだ尖っていた気がするけれど(髪型然り)、
ソロになってから悟り度が一気に増し、同時にジジイ化も進んだ模様。
本当に素晴らしい。Tシャツが似合うおっさんは素敵だ。

タモさんは夜限定。昼間も嫌いではないけど、夜のタモさんが本物。
タモリ倶楽部は私にとって見逃しやすい時間帯で、
しょっちゅう悔しい思いをするのだけど、
たまたま見ることができたときは幸福感に包まれる。タモさんラブ。
だが(滅多に見ないが)ミュージックステーションのタモさんは何か辛い。
早く帰っておいでよ……と言いたくなる。

雑談雑談。今日は雑談。
それはまるで日曜午後の再放送だらけのTVのような。

昨夜は物凄い雷雨だった。停電込み。
雹かなんかも降っていたようで、窓や壁に当たる音がやかましかった。
雷が鳴るとなぜ人は驚いて声を上げるのか。
一つ落ちるたびに、母親が「うひょおおお」だの「うわはあああ」だの、
意味不明な叫び声を上げていてまいった。
posted by 6 at 16:23| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5149737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。