2005年09月02日

台風一過(5)

病院を自主退院して以来、なぜか生食に移行していたにゃにゃこ。
特にターキーが好きで、専門店から宅配してもらっていた。
牛ヒレは父の知人の焼肉屋さんから最上の物を分けていただいていた。
マグロも大好きで、おまけに店を選んでいた。近くのスーパーの物だと残すのだ。
なのでいつも足を伸ばして遠くの、昨日の魚屋さんまで行く羽目になった。
甘エビ食べさせたかったな。
匂いをかいで黒目が大きくなったあの瞬間。すぐに口に痛みを感じて辛そうにした。
くそう。思い出して涙目になりながら必死で切り続けた。
ターキーはぶつ切り皮付きの物で、切るのに骨が折れるのだ。

時間を見て両親を起こした。
二人ともいつもとは打って変わってシャッキリとしており、
口々に「にゃにゃこおはよう」と話しかけていた。
立て掛けたよしずから陽が差していた。明るく暑く、良い天気だった。

私は手が離せなかったので、両親がにゃにゃこを棺に安置した。
ペットシーツを敷き、その上にいつも使っていたバスタオルを敷いた。
眠るにゃにゃこをその上に乗せ、体の上にタオルを掛けた。
そして「よし、花を添えよう」と母が言った。

「顔の周りは明るい色の花ね」
「足元はかすみ草にしようか」
「うわー、にゃにゃこ可愛いよー。本当に可愛い」
相談したり感激したりしながらにゃにゃこを花で囲んでいった。
中におもちゃと私のタンクトップもあった。
顔の横にスペースを空けておいて、そこにご飯と水を置くことにした。
花屋さんをはしごした甲斐があったと思った。だって本当に可愛かったのだ。
いや、もっとたくさん買ってくればよかったかもしれない。
なにしろ棺が大きかった。

にゃにゃこのご飯の用意を終えると、ちょうどにーすけのご飯の時間だった。
大急ぎで用意したが、昨日から続くいつもと違う雰囲気に、
にーすけの食欲は失せてしまっていたようだった。
私たちにさえ近寄ろうとしなかった。
「にーにーごめんね。今日だけは許してね」
そう謝ったところで聞いちゃいなかった。

予めエンジンをかけてクーラーで冷やしておいた車に、
父がにゃにゃこの棺を乗せに行った。
大きくて玄関から出せないので、庭に面した居間の窓から運んだ。
外に出してからにーすけに最期のお別れをさせていないことに気づき、
ガラス越しに対面させた。
「にーにー、にゃにゃこだよ。またね、って」
にーすけは最初こそじっと見つめていたが、そのうちひどく嫌がった。
私が抱っこしていたのだけれど、体をねじって逃れようとした。
なだめても聞かず、遂に腕を振り切って一目散に居間を出て、
階段を駆け上がって行ってしまった。

いろいろ考えたけど、結局いつもと同じTシャツとジーンズにした。
いつもにゃにゃこに接していたように送ろうと思った。
午後から出勤する父はジャケットを着ていたが、
母は滅多に着ない洋服をタンスから引っ張り出してきていた。

階下からにーすけに「大丈夫だからご飯食べるんだよ」と声をかけ、
忘れ物がないことを確認して家を出た。

にゃにゃこが好きだった庭。ぶどうの木の下でいつも昼寝をしていた。
野良っ子だとは思えないような気の許し方で、
仰向けにお腹を出してぐっすりと眠っていた。
あんな野良猫っているのかなと不思議に思ったものだった。

今年もぶどうがいっぱい生ってるよ。帰って来たらよく見ようね。
心の中で話しかけて、ハンドルを握った。
posted by 6 at 15:15| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。