2005年11月15日

膀胱炎その後

先週土曜の尿検査の結果、血尿・細菌は治まったものの、
ストルバイトの結晶が出てしまっていた。
2度目の検査で発見された理由として考えられるのは、
膀胱内の炎症が治まったために結晶が降りてきたのではないかと。
かなりのショックで診察室でよろけてしまったが、
症状としてはまだ重篤ではないらしく、
とりあえず尿を酸性化させる作用のあるサプリメントで様子を見ることになった。
しばらくこれを続けてもなお尿のPHが下がらず、
結晶も見られるようならば、食事等も考え直さなければならない。

にーすけが去勢手術をしたのは1歳4ヶ月の頃だ。
早い時期に手術をすると将来泌尿器疾患にかかる可能性がある、
とまだ言われていた頃であり、かかりつけ医も同じ意見だった。
スプレーがいつ始まるかという危惧はあったが、体が充分に発育する方を選んだ。
食事にも気をつけていたし、私のそれよりも余程吟味していた。

でもなっちゃうときはなっちゃう。恐ろしやF.L.U.T.D.。
フード等、思い当たる節はなきにしもあらずなのだけど、
何分にも確実じゃないので文章にするには気が引けてしまう。

今はとにかく水分を取らせることを心がけている。
幸いPHチェッカーの色も良い感じになってきたし、
どうかこのまま良い方へ行ってくれればと思う。

ちなみに本猫は相変わらず元気です。
なんか「イヤッホウ!」とか言いながら走り回ってる感じ。しかも夜中に。


だからお昼に眠くなっちゃうのよね。

051115_123137.jpg 051115_123634.jpg


-----------------------------------------------------------

reiさんのページからいらっしゃってくださった方には、
本当にがっかりするような内容のところで申し訳なく思っています…。
特に参考になるわけでも、詳細な闘病記が綴られているわけでもなく。
どうしてもにゃにゃこの辛さをそのまま文字に起こすことができず、
今年の夏の生活(Life)=にゃにゃこだったのに、
意識して上澄みだけを残すようにしていました。
でも多分、経験された皆さんと同じように、本当は心の中は地獄でした。

何か私でお力になれそうなことがあれば、何でも聞いてくださいね。

画像 197.jpg
posted by 6 at 13:36| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6さん、こんにちは。
うちのブログからこちらにいらっしゃった方は
たぶん皆さん猫好きさんですから
がっかりするということはないと思いますよー。
にーすけ君もにゃにゃこちゃんも可愛いし
6さんの記事は読み応えあるし。
でも、うちのブックマーク欄の『Life』紹介文に
「腎不全闘病記」という言葉を入れない方がよければすぐ文を変更するので、遠慮なくおしゃって下さいね。
Posted by rei at 2005年11月17日 10:18
お心遣い感謝です!
「闘病記」には程遠い気がしますが、
にゃにゃこが頑張り抜いたことは確かなので、
どうぞそのままでお願いします。
どうもありがとうございます!
Posted by 6 at 2005年11月17日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9362528
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。